視力低下の予防と対策について

視力低下の予防・回復トレーニングなどで、自宅で簡単にできるものを中心に情報を集めています。
視力に関する基礎知識 | 視力低下の予防法 | 視力回復トレーニング| 子供の視力低下 | 視力回復Q&A | 視力回復関連リンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ブルーライトから目を護ってくれるパソコン用メガネ

パソコンなどのディスプレイ画面からは、「ブルーライト」と呼ばれる光線が発せられているそうで、この光線が目に与える影響について話題になっています。

ブルーライトとは、簡単に言うと「青い光」のことですが、パソコンやスマホなどの液晶画面は、パネルの背後や側面から、様々な波長の光が混ざり合った光を当てて、いろいろな図や文字、背景などの色形を表現している訳ですが、この光を分析すると、深い青色の光の成分が多くなっているのです。
このブルーライトは、他の色と比べて波長が短い屈折の特性から、ピントのズレか生じやすく、その結果、画像のチラつき、まぶしさといった現象が生じ、目の疲れや頭痛などの症状に発展すると考えられています。

他にも、ブルーライトは、紫外線に最も近い性質があるとされ、長時間接した場合、網膜に変性が起きる可能性が指摘されていますが、あくまでも、ブルーライトを長時間見続けるライフスタイルは、ここ数年の間に広まったものですので、人体への影響については、まだ予測の域を超えていないと言ってもよいかもしれません。

そんななか、ブルーライトから眼を守ってくれるという「パソコン用メガネ」が各メガネメーカーから発売されています。
店頭とHPでの告知以外に派手な宣伝はしていないものの、発売以来、男性層を中心に売上は好調で、今では主力商品になっているそうです。

メーカーによっては、無色に近いレンズのタイプのメガネも発売されているので、オフィスでも抵抗なく使用できるかもしれません。

また、メガネをしたことがない人にとって、フレーム自体の重さが気になるところですが、軽量のフレームを使用しているので軽くて疲れを感じにくいそうで、利用者の中には、「PC使用時だけでなく、普段からかけている」と言った声も聞かれるそうです。

今後は、自動販売機やドラッグストア等でも販売が検討されているそうです。


現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけで、視力を回復させるプログラムです!