視力低下の予防と対策について

視力低下の予防・回復トレーニングなどで、自宅で簡単にできるものを中心に情報を集めています。
視力に関する基礎知識 | 視力低下の予防法 | 視力回復トレーニング| 子供の視力低下 | 視力回復Q&A | 視力回復関連リンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ブルーライトから目を護ってくれるパソコン用メガネ

パソコンなどのディスプレイ画面からは、「ブルーライト」と呼ばれる光線が発せられているそうで、この光線が目に与える影響について話題になっています。

ブルーライトとは、簡単に言うと「青い光」のことですが、パソコンやスマホなどの液晶画面は、パネルの背後や側面から、様々な波長の光が混ざり合った光を当てて、いろいろな図や文字、背景などの色形を表現している訳ですが、この光を分析すると、深い青色の光の成分が多くなっているのです。
このブルーライトは、他の色と比べて波長が短い屈折の特性から、ピントのズレか生じやすく、その結果、画像のチラつき、まぶしさといった現象が生じ、目の疲れや頭痛などの症状に発展すると考えられています。

他にも、ブルーライトは、紫外線に最も近い性質があるとされ、長時間接した場合、網膜に変性が起きる可能性が指摘されていますが、あくまでも、ブルーライトを長時間見続けるライフスタイルは、ここ数年の間に広まったものですので、人体への影響については、まだ予測の域を超えていないと言ってもよいかもしれません。

そんななか、ブルーライトから眼を守ってくれるという「パソコン用メガネ」が各メガネメーカーから発売されています。
店頭とHPでの告知以外に派手な宣伝はしていないものの、発売以来、男性層を中心に売上は好調で、今では主力商品になっているそうです。

メーカーによっては、無色に近いレンズのタイプのメガネも発売されているので、オフィスでも抵抗なく使用できるかもしれません。

また、メガネをしたことがない人にとって、フレーム自体の重さが気になるところですが、軽量のフレームを使用しているので軽くて疲れを感じにくいそうで、利用者の中には、「PC使用時だけでなく、普段からかけている」と言った声も聞かれるそうです。

今後は、自動販売機やドラッグストア等でも販売が検討されているそうです。


現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけで、視力を回復させるプログラムです!





肩こりが視力低下を招くかも・・・

肩こりは、ストレスと同様に視力低下の原因になり得ます。
肩こりが進行すると、「頭痛」や「めまい」、そして「吐き気」などの症状が現れるだけでなく、視力の低下や視野狭窄といった症状も肩こりが要因となって現れることもあるのです。

しかし、この肩こりについては、自覚症状が無い人も意外と多く、自分で首の付け根辺りを押して、筋肉がガチガチに硬直していることに気付き、実は「肩こり」だったと認識する人もいるほどです。

現代のオフィスでパソコンでの作業は不可欠と言えますが、こうしたパソコンでの作業は、テレビを見ているのときより目を酷使しているそうです。
パソコンの作業などで長時間にわたって目を酷使すると、疲労が蓄積され眼精疲労になるそうです。眼精疲労のほとんどが、目を酷使することによって起きると考えられています。
目の神経と体の筋肉は、密接に関係していますので、目の神経が疲労すると、目や頭のまわりにある筋肉や首筋の筋肉が緊張し、血行不良となります。これが眼精疲労による肩こりのメカニズムと言われています。

また、パソコンの作業は、画面を凝視するので、目が乾きやすくドライアイになったり、同じ姿勢のまま作業を続けていると、目だけでなく、首や肩、腰など全身に負担をかけます。

パソコン以外では、左右の視力に極端な差があるときやメガネの矯正度が強い場合も肩こりになりやすいと言われています。いずれも、目の筋肉が緊張するために、首や肩の緊張を招いて、肩こりという症状となって現れるそうです。

いずれにせよ、パソコンなど長時間同じ姿勢をとる作業が必要な場合は、適時にストレッチなど目や全身の疲れを軽減させるための休憩をとることが視力低下の予防になるのです。


現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけで、視力を回復させるプログラムです!





眼精疲労と疲れ目の違い

眼精疲労は、VDT作業や長距離の自動車運転などで、長時間連続して目を使うことで、目が霞んだり、目に痛みを感じたりすることがあります。
こういった症状は、普段より目に負担がかかると、よく経験することですが、一晩寝ても症状が改善されないようなケースを単なる疲れ目と区別して「眼精疲労」と呼んでいます。

疲れ目なら、目をリラックスさせてやれば、疲れは徐々に消えていきますが、眼精疲労の場合、何もしなければ、全身の強い疲労、頭痛、肩こり、吐き気など、どんどん症状は悪化していきます。

つまり、眼精疲労の場合は、現在の生活習慣の見直しや、仕事の環境を改善などの意識的に取り組まないと、眼精疲労の症状は解消できないのです。
眼精疲労の原因は、パソコンなどでの目の酷使や筋肉の過緊張のほか、コンタクトレンズの不適切な使用、そして姿勢不良や運動不足などが複雑に絡み合って、症状となって現れます。

眼精疲労の症状は、多くが充血・涙・目の疲れ・痛み・しょぼしょぼするといったものですが、目以外に症状が出ることもあります。

頭痛や倦怠感や肩こりなどの症状が出ることもありますし、吐き気がしたりめまいに襲われる人も見受けられます。
目に原因があるとは限らず、精神的なものが関わっているケースもあります。また、また、かぜやインフルエンザのほか、耳や鼻の病気などで眼精疲労が起こり得ます。

目などの病気が原因に該当しないのに、眼精疲労の症状が消えないなら、メガネやコンタクトレンズに問題がないかを調査してみましょう。
自分に適していないメガネやコンタクトレンズを使い続けると、目に対する負担が増大して、眼精疲労の原因となります。その期間が長引くほど症状が悪くなり、目のトラブルが重くなるのは言うまでもありません。

使用環境に適したメガネやコンタクトレンズを装着するようにして、少しでも目に負担が及ばないようにしましょう。

眼精疲労は、日頃の目の負担を軽減する環境づくりが大切です。そうした、ちょっとした工夫の積み重ねが眼精疲労を予防します。


現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけで、視力を回復させるプログラムです!





コンタクトレンズは目が乾きやすい。

コンタクトレンズを装着している人は、目が乾きやすいと言われています。

そもそも、コンタクトレンズは角膜の上に直接装着しているわけではなく、角膜とコンタクトレンズの間で、涙が潤滑液となって目を保護しているのです。
ですから、コンタクトレンズを装着していると、どうしても涙の量が不安定になりやすく、角膜の表面が乾燥しやすくなるのです。

涙は、まばたきの度に目の表面に運び込まれ、栄養や酸素の供給を目に行う重要な役割を果たしています。コンタクトレンズで角膜を覆った状態になると、まばたきによる涙の交換率はぐんと低下してしまい、ハードコンタクトレンズ装用時では約20%、ソフトコンタクトレンズ装用事ではなんと2〜3%まで下がってしまうのです。つまり、コンタクトレンズの装用によって、目が酸素不足となってしまうと、目の働きを支えている細胞群の代謝の働きが悪くなり、目の健康に悪影響を与える可能性があるのです。

今現在、ドライアイの症状が出ている人は、症状の悪化させないためにもコンタクトレンズの使用は控えた方が良いでしょう。


現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけで、視力を回復させるプログラムです!




目が疲れたら、「まばたき」の回数を意識的に増やそう!

「まばたき」は、1日に一万回はしているとも言われ、目の健康を守るうえで、とても大切な動作とされています。
「まばたき」は、眼の周囲のリンパ液の循環も良くし、涙が涙腺から分泌され目に入った異物を流してくれ効果があります。

「まばたき」の回数が減ると、まぶたの運動不足を招いたり、次第に眼の筋肉が運動不足となって眼を疲れるようになり、意識的にまばたきをすることで、眼の疲れの予防策とてや視力を回復させる効果が期待できます。

現代の社会は、仕事でもプライベートでも、パソコンやスマホ、テレビゲームとデジタル機器が溢れています。これらは、どうしても画面を凝視するため、「まばたき」の回数が極端に減少することが分っています。
ですから、パソコンやテレビゲームなどを長時間使う時は、意識的にまばたきの回数を増やすようにしましょう。普段、まばたきは無意識にやっているので、意識することが大切です。

「まばたき回復法」は、まず普通のまばたきを続けて10数回行ったら、5秒間ほど目を閉じて休みます。これを5回ほど繰り返します。
次に、3秒ほど瞼をきつく閉じ、今度は、3秒ほど瞼を思いっきり開きます。これを5回ほど繰り返します。

ゆっくりやっても、数分程度なので、仕事中などでも少し時間とって、目の疲れをとる習慣をつけましょう。大切なことは、「目が疲れたなぁ」と思ったときに、すぐ実践することです。



現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけで、視力を回復させるプログラムです!