視力低下の予防と対策について

視力低下の予防・回復トレーニングなどで、自宅で簡単にできるものを中心に情報を集めています。
視力に関する基礎知識 | 視力低下の予防法 | 視力回復トレーニング| 子供の視力低下 | 視力回復Q&A | 視力回復関連リンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


寝ている間に視力が回復するコンタクト「オルソケラトロジー」

オルソケラトロジーとは、あまり聞き慣れない言葉ですが、手術のようにリスクの心配をせずに視力回復が可能方法として注目されている視力矯正の手法のひとつです。 

オルソケラトロジーの治療の方法は、就寝するときに、「中央が凸状の特殊なハードコンタクトレンズ」を装着するだけです。就寝中もずっと、この特殊な形状をしたコンタクトレンズを角膜に装着したままにしておくので、角膜の中央部の形を「凹レンズ」のように変形させてのです。この結果、光の屈折が適切に調整され、裸眼での視力を回復させていくのです。 
朝になるとコンタクトレンズは外しますが、角膜が適切な凹レンズになっているので、日中は、裸眼のままで行動することができます。 このオルソケラトロジーは、子供の近視や仮性近視によい効果が現れることが特長と言われ、近視の進行予防効果は優れているとされています。1〜2時間くらいの試用だけでも視力回復を体験できるようです。

また、レンズの装着を止めれば、約2ヶ月で、角膜(と視力)は矯正前に復元されますので、手術のようなリスクを心配しなくても済みます。このように、近視の子供に対するメガネ以外の矯正方法として検討してみる価値はありそうです。
 
オルソケラトロジーの治療効果は、レーシック手術のように、レーザーで角膜を削って、屈折力を調整するわけではありませんので、ある程度の限界があります。一般的には、0.1の視力であれば0.8から1.0以上まで回復すると報告されていますが、極度の近視に関しては、視力が回復する効果はあまり期待しない方が良いかもしれません。



現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけで、視力を回復させるプログラムです!





寝ている間に視力が回復するコンタクト「オルソケラトロジー」

オルソケラトロジーとは、あまり聞き慣れない言葉ですが、手術のようにリスクの心配をせずに視力回復が可能な方法として注目されている視力矯正の手法のひとつです。
オルソケラトロジーの治療の方法は、就寝するときに、「中央が凸状の特殊なハードコンタクトレンズ」を装着するだけです。就寝中もずっと、この特殊な形状をしたコンタクトレンズを角膜に装着したままにしておくので、角膜の中央部の形を「凹レンズ」のように変形させてのです。この結果、光の屈折が適切に調整され、裸眼での視力を回復させていくのです。
朝になるとコンタクトレンズは外しますが、角膜が適切な凹レンズになっているので、日中は、裸眼のままで行動することができます。

このオルソケラトロジーは、子供の近視や仮性近視によい効果が現れることが特長と言われ、近視の進行予防効果は優れているとされています。1〜2時間くらいの試用だけでも視力回復を体験できるようです。また、レンズの装着を止めれば、約2ヶ月で、角膜(と視力)は矯正前に復元されますので、手術のようなリスクを心配しなくても済みます。このように、近視の子供に対するメガネ以外の矯正方法として検討してみる価値はありそうです。

オルソケラトロジーの治療効果は、レーシック手術のように、レーザーで角膜を削って、屈折力を調整するわけではありませんので、ある程度の限界があります。一般的には、0.1の視力であれば0.8から1.0以上まで回復すると報告されていますが、極度の近視に関しては、視力が回復する効果はあまり期待しない方が良いかもしれません。


ニンテンドーDS「目で右脳を鍛える」で有名な視力回復の第一人者川村博士が開発した視力回復トレーニング法です。




遠くを見て毛様体筋をトレーニング

一般的に「近視」とは、遠くを見たときに、網膜よりも手前に光の焦点が結ばれてピントが合わず、モノがぼんやり見えてしまう屈折異常のことを言うのですが、一時的に近視のような状態になることを「仮性近視」と言います。

この仮性近視には、毛様体筋が大きく関わっています。

毛様体筋とは、カメラのレンズにあたる水晶体の厚みを調整してピントを合わせる筋肉のことです。近くを見るときは緊張して水晶体が厚く膨らみ、遠くを見るときは緩んで水晶体は薄くなります。
近くのモノを見ている状態が長時間になると、毛様体筋が緊張し続けてしまうため、遠くを見ても、毛様体筋が弛緩した状態に戻らなくなってしまいます。つまり、遠くのモノにピントが合わせられず、ぼやけるのです。
症状は、近視と似ていますが、水晶体の厚みを調節できないのは、毛様体筋が緊張しているこが原因ですので、毛様体筋をスムーズに弛緩できるようにするトレーニングを行えば、視力回復の期待ができるわけです。

特に、目を酷使した後に毛様体筋のトレーニングを行なえば、急激な視力低下を予防し、目の疲れも解消することができます。

毛様体筋に着目した視力回復トレーニングは、自宅でも手軽にできます。
毛様体筋が弛緩しやすくなるようにするのが目的なので、遠くの指標を凝視するだけです。アフリカで生活している人が目が良いのは、いつも遠くを見ている環境にあるからなのです。

この視力回復トレーニングのポイントは、意識的にその指標に、「焦点を合わせる」ようにして下さい。網膜に映像が映っているだけでは、意味がありません。
また、効果的に弛緩させるには、一旦、近くのモノを見て毛様体筋を緊張させてから、遠くを見た方が緩みやすくなります。



現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけで、視力を回復させるプログラムです!




手術に抵抗がある人は「オサート」で視力回復!

今では、日本でもレーシック手術がかなり普及してきましたが、まだまだ抵抗感がある人も多いと思います。
手術のようなリスクの心配のない視力矯正法として「オサート」が注目されています。

「オサート」とは、特殊なコンタクトレンズを就寝中に装用する「オルソケラトロジー」を進化させた視力矯正法です。 オサートもオルソケラトロジーも、夜間に専用コンタクトレンズを装用することで、角膜表面の形状が凹レンズ型に型付けされるので、レンズを外しても、一定時間は角膜に型付けされた凹レンズ形状を維持するので、日中は十分な裸眼視力を得られるわけです。

この2つの違いは、オルソケラトロジーが、一回のレンズデザインで治療するため、対象者が「軽度の近視」のみに限られるという限界があったのに対し、オサートは、一人ひとりの角膜形状に合わせて精密にデザインされた「専用コンタクトレンズ」を装用するので、中度近視や強度近視、レーザー手術が適さない円錐角膜、レーザー手術後に出現した再近視化や角膜移植後の不整乱視など、あらゆる角膜形状に対応可能としている点にあります。

このようにオサートは、一人ひとりにレンズデザインを段階的に分けてステップアップしていくので、強度近視であっても徐々に矯正され、最終的には1.5程度まで裸眼視力の改善が見込まれるそうです。
ただし、強いアレルギーを持っている人や、ひどいドライアイの人などには向かないということがあるそうです。

もちろん、レーシック手術とは異なり、角膜にレーザーを入れ、屈折力を調整するわけではありませんので、使用を中止すれば元の視力に戻ってしまいますし、視力が安定しにくいというデメリットもあります。
それに、コンタクトレンズを着けたままな就寝するわけですから、通常のコンタクトレンズ同様、角膜に傷がつく可能性があったり、眼の炎症を起こす可能性のあることは留意しておきましょう。

また、オサート治療の費用は、保険の適用がないそうです。専用のコンタクトレンズをオーダーメイドすることもあり、両眼で40万円、片眼でも27万円程度かかります。

レーシック手術は、一度の手術で視力が飛躍的に回復が見込めますが、オサートは長い期間コンタクトを装着して矯正していかなければなりません。
一方で、レーシック手術ではレーザーで角膜を削ってしまうので、やり直しは出来ませんし、合併症などのリスクも考えなければなりません。 リスクと費用、そして手間などを考慮して、自分にあった治療法を探してみて下さい。


現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけで、視力を回復させるプログラムです!




まばたき回復法で疲れ目解消!

 まばたきは、一日一万回しているとも言われ、目の健康を守るうえで、非常に大切な動作とされています。
まばたきは、眼の周囲のリンパ液の循環も良くし、涙が涙腺から分泌され目に入った異物を流してくれ効果があります。

まばたきの回数が減ると、まぶたの運動不足を招いたり、次第に眼の筋肉が運動不足となって眼を疲れるようになり、意識的にまばたきをすることで、眼の疲れの予防策とてや視力を回復させる効果が期待できます。

現代の社会は、オフィスでもプライベートでも、パソコンやスマホ、テレビゲームとデジタル機器が溢れています。これらは、どうしても画面を凝視するため、まばたきの回数が極端に減少することが分っています。
ですから、パソコンやテレビゲームなどを長時間使う時は、意識的にまばたきの回数を増やすようにしましょう。普段、まばたきは無意識にやっているので、意識することが大切です。

まばたき回復法は、まず普通のまばたきを続けて10数回行ったら、5秒間ほど目を閉じて休みます。これを5回ほど繰り返します。
次に、3秒ほど瞼をきつく閉じ、今度は、3秒ほど瞼を思いっきり開きます。これを5回ほど繰り返します。

ゆっくりやっても、数分程度なので、仕事中などでも少し時間とって、目の疲れをとる習慣をつけましょう。大切なことは、「目が疲れたなぁ」と思ったときに、すぐ実践することです。


14日間視力回復プログラム!ジニアスeye

ぼやけていた文字がハッキリ見えた!任天堂DS「目で右脳を鍛える」で有名な川村博士の視力回復法です。

視力回復&右脳活性プログラム「アイサプリ」

右脳を鍛えるゲームを毎日5分するだけ驚くほど視力が回復する画期的なプログラム!