視力低下の予防と対策について

視力低下の予防・回復トレーニングなどで、自宅で簡単にできるものを中心に情報を集めています。
視力に関する基礎知識 | 視力低下の予防法 | 視力回復トレーニング| 子供の視力低下 | 視力回復Q&A | 視力回復関連リンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


視力が低下するとパイロットになれない

 飛行機のパイロットには、自動車の運転免許に比べ、高い視力が要件になっているようです。

航空大学入学志望者の募集要綱によると、

(1) 遠見視力:各眼が、裸眼又は矯正視力で1.0以上あること。但し、矯正視力の場合は、各レンズの屈折度が−4.5〜+2.0ジオプトリー以内であることこと。
(2) 近見視力:各眼が、裸眼または矯正視力で0.8以上あること。
(3) 屈折矯正手術(角膜前面放射状切開手術、レーシック、PRK等)の既往歴がないこと。
(4) オルソケラトロジーを行っていないこと。

オルソケラトロジーとは、コンタクトレンズによる屈折矯正のことですが、レーシック手術とともに既往歴があるだけで不可とは厳しいです。

こういった、操縦系の資格には、視力の要件が当然ですし、これ以外の資格についても視力が要件になっているものも少なくありません。
つなり、子供のうちに視力を低下させてしまうと、将来の選択を狭めることになると言うことになります。


14日間視力回復プログラム!ジニアスeye

ぼやけていた文字がハッキリ見えた!任天堂DS「目で右脳を鍛える」で有名な川村博士の視力回復法です。

視力回復&右脳活性プログラム「アイサプリ」

右脳を鍛えるゲームを毎日5分するだけ驚くほど視力が回復する画期的なプログラム!




子供の視力は、使わなければ発育しない

子供は、良くも悪くも周りの環境の影響を受けやすいものです。これは、視力の発育についても言えるのです。

生まれたばかりの赤ちゃんは、明るいか暗いか位しか分りません。しかし、眼球の構造は、大きさが少し小さい以外、ほぼ成人の眼球の構造と変わるところはありません。ただし、視力は非常にわずか(0.01〜0.02くらい)しかありません。なぜなら、網膜から脳へ信号を伝えて映像にする仕組みが形成されていないからです。その仕組みは、実際に物を見て網膜から脳の神経に刺激が加わらなければ、視力は発達しないのです。
もし、発達の途中に何らかの原因でものが見にくい時期があると、見にくい方の目は視力の発達が止まってしまいます。これは、発達が止まった分は、そのまま「失う」ことを意味します。決して、止まった分を後から取り戻してくれる訳ではないのです。例えば、乳幼児では片目を眼帯でなどで覆っておくと、その目はよく見えないので、視力の発達が妨げられ、弱視になってしまうのです。

子供の視力が健康に発達するためには、視力を健康に形成するような環境づくりが大切です。そのためには、周りの大人が子どもの視力に対する知識を深め、積極的な協力が必要になるのです。



14日間視力回復プログラム!ジニアスeye

ぼやけていた文字がハッキリ見えた!任天堂DS「目で右脳を鍛える」で有名な川村博士の視力回復法です。

視力回復&右脳活性プログラム「アイサプリ」

右脳を鍛えるゲームを毎日5分するだけ驚くほど視力が回復する画期的なプログラム!




子供の視力低下は大人の3倍のスピードで進行する!

現代は目を酷使する時代です。
これは、子供であっても例外ではありません。文部省の調査(08年)によると、裸眼視力1.0未満の子供が過去最悪なったそうです。

パソコンは学校でも導入されていますし、携帯電話でメールをしたり、テレビゲームに熱中したりして、目を酷使することが多くなっています。
その上、子供は教科書や参考書を読んで勉強に励まなければなりません。最近では任天堂DSを使って、ゲーム感覚で勉強する子供も多くなりましたが、目を使う時間は確実に増えています。

これら勉強や遊びに共通することは、近くのモノを見ると言うことです。つまり、日常の大半を近くを見る「環境」になってきているのです。

子供の視力の低下は、大人の3〜5倍のスピードで進行すると言われています。
子供の目の筋肉は、生活環境に順応しやすく、脳も目も柔軟性があるために、急激に視力が低下していくというわけです。つまり、近くのモノばかり見る環境にあると、短期間の内に近視になってしまいかねないのです。
例えば、昨年の学校の視力検査で視力1.0だとしても、1年後の検査では視力0.3というケースも珍しくないのです。

子供の視力回復のポイントは、「眼を悪くする日常生活習慣の改善」にあると言えます。ですから、子供の視力をより早く回復させるためには、両親の積極的な協力が不可欠なのです。



14日間視力回復プログラム!ジニアスeye

ぼやけていた文字がハッキリ見えた!任天堂DS「目で右脳を鍛える」で有名な川村博士の視力回復法です。

視力回復&右脳活性プログラム「アイサプリ」

右脳を鍛えるゲームを毎日5分するだけ驚くほど視力が回復する画期的なプログラム!