視力低下の予防と対策について

視力低下の予防・回復トレーニングなどで、自宅で簡単にできるものを中心に情報を集めています。
視力に関する基礎知識 | 視力低下の予防法 | 視力回復トレーニング| 子供の視力低下 | 視力回復Q&A | 視力回復関連リンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


3D映像による目の疲れ

最近では、特殊なメガネをかけなくても3D映像を楽しめるテレビが登場するなど、高画質で迫力のある3次元映像も一般的になってきたと言えるでしょう。

しかし、国民生活センターによると、その3D映画を視聴した後に、「乗り物酔いの状態が続く」「モノが二重に見える」「激しい頭痛がする」など、体の不調を訴える相談が相次いでいるそうです。

そもそも、健康な人がモノや景色を見て奥行きを感じられるのは、左右にある二つの目で見ているからなのです。
左右の目で、それぞれ違った角度から見た映像は、脳で一つに重ねられ、奥行きのある空間として認知される訳です。
3D映像は、二つのカメラで左右それぞれの角度から同時に撮影された映像を使い、特殊な眼鏡をかけることで、右側から撮った映像が右目、左側から撮った映像が左目に交互に見えて、脳が立体映像として認知しているのです。

なぜ、3D映像を見た後で、体の不調を訴える人がいるかと言うと、3D映像の場合、ピントは画面に合ったままの状態で、手前に飛び出したり奥に引っ込んだりする映像に、視線を合わせていることになるので、このズレが目の疲労などを引き起こすと考えられているからです。多くの人は、3D映像を見ても悪影響はないに等しいのですが、両目の視力の差が大きかったり、目の向きがずれたりしている人は疲労しやすいとの報告もされています。

特に、モノを立体的に見たり目を正常な位置に保ったりする機能が、まだ発達段階にある子供には注意が必要です。
ほとんどの子供は目の発達に影響はないが、稀に斜視になることがあるので、目の機能が発達するとされる6歳ぐらいまでは、なるべく視聴を控えた方がいい、とする指摘もあります。

迫力のある映像を楽しめる3D映像ですが、日頃から目の疲れを感じやすい人や、立体的に見えなくなるなど、見え方に違和感があったら直ちに3D映像の視聴を中止して、目を休めることに努めましょう。

現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけ驚くほど視力が回復する画期的なプログラムです!




「ブルーライト」をカットしてくれる液晶保護フィルム

日常生活で液晶ディスプレイを眺める時間が多い現代人に、眼の疲れや目の乾きなどが気になる人が増えています。
その原因として、LED液晶ディスプレイが発する「ブルーライト」が眼に悪影響を与えているという指摘があります。

ブルーライトは自然光にも含まれ、色を表現するために欠かせない要素ですが、可視光線の中で最も強く、直進するエネルギーを持つため、目の角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達し、網膜の機能低下を引き起こす場合があると言われています。
ブルーライトに長時間さらされると瞳孔を収縮させる毛様体筋を刺激するため眼精疲労やドライアイを引き起こしたり、睡眠を促すメラトニンの分泌を抑制するため、体内時計がずれてしまうといった症状を引き起こす恐れもあります。

その「ブルーライト」を大幅にカットしてくれる液晶保護フィルムというものが、大手「エレコム株式会社」から発売されています。

ディスプレイを見続ける機会が多い現代人のために開発された液晶保護フィルムで、画面のギラつきを抑制する「反射率0.9%」という低反射率に加え、目や体に有害な紫外線をしっかりと遮断する「UVカット率99.6%」を実現し、目への負担を軽減します。あらゆる角度から目を保護することにこだわったフィルムに仕上がっています。

ブルーライトを効率的にカットすることで目を保護するだけでなく、色調を極力変えずに自然に見えるように設計されているそうです。
また、より美しい画質を演出する「透過率92%」の高透過率を実現しています。
表面の硬度が高いのでフィルター表面のキズを徹底的にガードできる他、柔らかな接着シリコン層を採用されているので、気泡が目立たず、きれいに貼り付けることが可能だそうです。貼り直しができる、自己吸着タイプで、きれいに貼れる専用ヘラが付属するほか、台紙裏面の方眼台紙を利用して、ジャストサイズにカットすることも可能です。
幅広い画面サイズに対応できるように、20サイズをから選べるそうです。

現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけで驚くほど視力が回復する画期的なプログラムです!




パソコン作業での疲れ目対策

今や、オフィスでもプライベートでもで欠かすことができないパソコンやテレビ、携帯電話などと言った情報端末ですが、これらに費やす時間がぞうかするにつれて、VDT症候群になる可能性も高まります。

「VDT症候群」とは、VDT作業(※)によって、眼精疲労、ドライアイなどの眼症状、肩こり、腕や手指の痛みなどの運動器症状、頭痛、不眠、無気力、疲労感などの精神神経症状などの症状が現れることを言います。

パソコンによる作業は、ディスプレイ画面と書類などのデータを凝視する必要があるので、まばたきが減少し、涙の分泌量が少なくなるため、目が疲れやすくなります。
加えて、からだに負担の大きい姿勢での作業時間も多くなったり、目の疲れだけでなく、首、肩のこりや痛みなど、からだ全体に不快な症状となって現れます。

VDT症候群の対処法は、仕事中であっても、適時に休憩をとって目を休めることです。目安として1時間中10分程度の休憩をとりましょう。仕事中にそんなに休憩ばかりとってられない、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、長時間、無理に作業を続けても、仕事の効率は落ちるだけです。割り切って、休憩をとる習慣をつけましょう。
休憩の間は、窓から遠くを見たり、目薬を点眼したり、目をそっと閉じたりリラックスするようにすると良いでしょう。もちろん、ストレッチなどをして全身の緊張を和らげることも効果があります。

また、パソコンのデスク環境を改善することも重要なポイントです。
ディスプレイの設定で輝度を落としたり、目が乾燥しないように、視線の下に画面がくるように設置したり、OAフィルターを使用するなど、ちょっとしたことで目の負担を軽減できますので、工夫してみましょう。
最近では、パソコン専用メガネなども発売されています。限りなく無色に近いレンズを使用しているので、オフィスでも抵抗なく使えるかもしれません。

現代社会はパソコンとは切っても切れない関係となっています。仕事で使うとなれば、工夫をしながら付き合って行くしかありません。
パソコンの作業環境をちょっと見直して、少しでも目の負担を軽減しましょう。


※VDT作業とは ディスプレイやキーボード等により構成されるVDT(Visual Display Terminals)を使用した作業を言います。

現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけ驚くほど視力が回復する画期的なプログラムです!




涙が出るのに目が乾く「BUT短縮型ドライアイ」をご存知ですか?

目が乾く、不快感があるといった症状があるにもかかわらず、眼科で検査を受けても「ドライアイ」と診断されないケースもあるようです。
これは、角膜上の傷の状態が少ない場合、ドライアイとは診断できないとされてしまうドライアイの診断基準があるからです。

最近の研究では、涙が十分出ている人でもドライアイである可能性があることが分ってきました。それが「BUT短縮型ドライアイ」です。
「BUT短縮型ドライアイ」は、涙液の量には異常がないのに、表面の涙の膜が破壊されるまでの時間(BUT=Break Up Time)が極端に短いのが特徴で、このため目の表面に涙が広がりにくくなり、涙が安定的に目の表面を覆わないため、目がとても乾きやすくなってしまいます。
パソコンなどの作業をすることが多いオフィスワーカーや、コンタクトレンズをつけている比較的年齢の若い方の間では、男女問わずこの新しいタイプの「BUT短縮型ドライアイ」の患者さんが増えています。

「BUT短縮型ドライアイ」かどうかは、「BUT検査」で調べることができます。
「BUT検査」は、フルオレセインという色素を点眼し、まばたきをしないようにして表面の涙の膜が破壊されるまでの時間を測定します。
通常、まばたきの後は、10秒以上涙液層が角膜上に保持されますが、BUT短縮型のドライアイの患者の場合、涙液の分泌量に異常がなくても、すぐに涙液層が破壊されてしまいます。
BUTが5秒以下の場合はドライアイが疑われます。

現代社会は、嫌でも目に負担がかかる環境の中で生活しなければなりません。できることから実践してドライアイの予防に心がけたいものです。

現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけで驚くほど視力が回復する画期的なプログラムです!




意識的に「まばたき」の回数を増やして疲れ目予防!

パソコンやコンピューターゲームを長時間やると、近くを凝視続けるため、「まばたき」が減る傾向があります。 通常は、無意識に1分間に20回程度が正常の回数とされていますが、パソコンの入力時は6〜10回、コンピューターゲームで5〜9回、読書で9〜15回と言われており、かなり減少しています。 まばたきは、回数が減ると、涙が減るので、目が乾燥してドライアイになったり、眼球に傷がついて違和感を起こすことがあます。 まばたき回復法とは意識的に「まばたき」をすることで、眼の周囲のリンパ液の循環を良くし、瞳孔の筋肉の緊張を和らげる視力回復トレーニングのことです。 「まばたき」は、眼が正常な機能を保つために必要な動作と言えます。ですから、普段は無意識のうちにまばたきをしているのですが、テレビやパソコンなどをやっているときは、ちょっと手を休めて、意識的にまばたきをするだけで、 目の疲れが軽減できます。 【マバタキ回復トレーニングの方法】 (1)普通のまばたきを続けて10数回行います。 (2)5秒間ほど目を閉じて休みます。 (3)(1)と(2)を5回ほど繰り返します。 (4)3秒ほど瞼をきつく閉じます。 (5)3秒ほど瞼を思いっきり開きます。 (6)(4)と(5)を5回ほど繰り返します。 ポイントは、「できるだけ深いまばたきをする」ことです。 意識的にまばたきをするだけなので、誰でもどこでも好きなときに実行できますが、こういったトレーニングは、つい忘れたり、面倒になったりしてサボってしまうのも簡単ですので、毎日忘れずに継続的にやり続けることが大切です。

現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけ驚くほど視力が回復する画期的なプログラムです!