視力低下の予防と対策について

視力低下の予防・回復トレーニングなどで、自宅で簡単にできるものを中心に情報を集めています。
視力に関する基礎知識 | 視力低下の予防法 | 視力回復トレーニング| 子供の視力低下 | 視力回復Q&A | 視力回復関連リンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


自分で「利き目」を調べる判別法!

人間には、利き手や利き足があるように「利き目」や「利き耳」と呼ばれる無意識に使う側の器官が幾つかあります。
日本人の場合、その割合が、右手が利き手のものが約90%、右足が利き足のものが約80%、右目が利き目のものが約70%、右耳が利き耳のものが約60%とされています。

「利き目」の役割というと、通常、人は利き目でモノを見て、利き目でない目は、その周辺を補っているそうです。そのため一般的に利き目の方が神経の感受性が高いとされているのです。

自分の利き目の簡単な判別法としては、人差し指を立てたら、真っすぐ腕を伸ばして顔の正面に置ききます。片目をつむって左右交互に人差し指を見ます。その際、両目で見たときと同じ位置に見えた目が利き目で、ずれて見えた目が利きでない方の目です。

日常生活においては、利き目が問題となることは少ないようですが、スポーツになると利き目について、しばしば話題になります。

例えば、野球は、投手側の目が利き目(右バッターなら左目が利き目)であると正確にボールを捉えやすく有利とされているそうです。スキーのターンにも利き目が影響することが分っています。
ダーツやアーチェリーといった的に狙いをつける競技になると、利き目と利き腕が異なると、かなりのハンデになるそうです(もちろん克服しているアスリートもたくさんいます)。

ですから、スポーツをする人は、自分の利き目を知っておくことは大事なことかもしれません。

普段、主に使っている利き目の視力が低下すると、補っている方の目にも非常に負担がかかることになりますので、日頃から目のケアを大切にしましょう。


BUT検査とは

ドライアイは、パソコン作業などに従事したり、コンタクトレンズを長時間使用したりすると、眼の表面が乾燥してゴロゴロし、目やに、目のかすみや疲れ、充血するなど、さまざまな症状が現れますが、ドライアイの検査においては、涙についての検査はとても大切になります。

BUT検査とは、涙の質を調べる検査のことで、涙の膜の安定性を測定します。
フルオレセインという色素を点眼し、まばたきをしないようにして表面の涙の膜が破壊されるまでの時間(BUT=Break Up Time)を測定するのです。
10秒以上が正常値とされ、5秒以下の場合はドライアイの疑いがあります。
涙の量は問題ないのにBUTに問題がある場合、マイボーム腺からの油の分泌やムチンの分泌に問題がある場合があります。


現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけで驚くほど視力が回復する画期的なプログラムです!




近視度数を自分で測る方法

近視は度数で表すことがあります。コンタクトを使用している人は身近な数値だと思いますが、「Diopter(ディオプター)」という単位で、Dと簡略化して表します。 近視の度数というのはピントのズレの大きさのことです。Dは、ピントのズレが大きくなるほどマイナス方向で数字が大きくなり、近視が強くなっていることを表します。

ご自身で、近視度数の測り方る場合は、次の方法で簡易的に測れますので、ご参考にしていただければと思います。
測り方は、まず手に持てる単行本やマッチ箱など「文字が書かれた」ものを用意したら、次の手順で行います。
?マッチ箱等を手に持って、書かれた文字がピントが合うまで目に近づけます。
?反対の目は閉じて、マッチ箱等を徐々に遠ざけます。
?書かれた文字のピントが合わなくなった距離を測ります。
??で測った距離を「遠点」と言いますが、「100/遠点」の式で計算したのが近視度数です。

もし、遠点が100cmなら、「100/100=−1D」なり、遠点が50?なら「100/50=−2D」となります。

一般的に、近視の程度は、次の3つに分けられます。
軽度近視・・・−3D未満(裸眼0.1前後)です。
中等度近視・・・−3D以上−6D未満(裸眼0.04から0.1)です。
高度近視・・・−6D以上(裸眼0.04未満)です。

「−1D」なら、日常の生活にほとんど支障はありません。


現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけ驚くほど視力が回復する画期的なプログラムです!


シルマーテスト

シルマーテストとは、涙の量を測定するドライアイを診断するために欠かせない代表的な検査法のことです。
ドライアイは、涙の量が不足することで起こる病気ですので、診断には涙液が正常に分泌されているかどうかを調べることが重要になる訳です。

シルマーテストの方法は、大きさが7×50ミリほどの細い濾紙(涙紙)の一端を少し折り曲げて、眼の涙点上に5分間挟ん状態で、まぶたを閉じます。次第に濾紙に涙が浸み込んでくるので、その数値を読み取って涙の量を計測するのです。
検査は、必要に応じて5分ごとに何度か繰り返し、正しい涙液量を調べます。なお、ドライアイの症状によっては、まぶたのへこみにたまっている涙を綿糸で吸収して、その量を調べる綿糸法なども行われます。

現在、シルマーテストによる診断の目安は、5分間に出る涙の量が10mm前後であれば、正常と判断され、5mm以下であればドライアイが疑われます。

現代人にとって、ドライアイはとても身近な病気だと言えます。少しでも疑いのある人は、早期に眼科で診てもらいましょう。


現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけ驚くほど視力が回復する画期的なプログラムです!


簡単な利き目の調べ方

人間には利き手、利き足があるように「利き目」や「利き耳」と呼ばれる無意識に使う側の器官が幾つかあります。
日本人の場合、その割合が、右手が利き手のものが約90%、右足が利き足のものが約80%、右目が利き目のものが約70%、右耳が利き耳のものが約60%とされています。

利き目の役割というと、通常、人は利き目でモノを見て、利き目でない目は、その周辺を補っているそうです。そのため一般的に利き目の方が神経の感受性が高いとされているのです。

自分の利き目の簡単な判別法としては、人差し指を立てたら、真っすぐ腕を伸ばして顔の正面に置ききます。片目をつむって左右交互に人差し指を見ます。その際、両目で見たときと同じ位置に見えた目が利き目で、ずれて見えた目が利きでない方の目です。

日常生活においては、利き目が問題となることは少ないようですが、スポーツになると利き目について、しばしば話題になります。

例えば、野球は、投手側の目が利き目(右バッターなら左目が利き目)であると正確にボールを捉えやすく有利とされているそうです。スキーのターンにも利き目が影響することが分っています。
ダーツやアーチェリーといった的に狙いをつける競技になると、利き目と利き腕が異なると、かなりのハンデになるそうです(もちろん克服しているアスリートもたくさんいます)。

ですから、スポーツをする人は、自分の利き目を知っておくことは大事なことかもしれません。

普段、主に使っている利き目の視力が低下すると、補っている方の目にも非常に負担がかかることになりますので、日頃から目のケアを大切にしましょう。

現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけ驚くほど視力が回復する画期的なプログラムです!