視力低下の予防と対策について

視力低下の予防・回復トレーニングなどで、自宅で簡単にできるものを中心に情報を集めています。
視力に関する基礎知識 | 視力低下の予防法 | 視力回復トレーニング| 子供の視力低下 | 視力回復Q&A | 視力回復関連リンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


3D映像による目の疲れ

最近では、特殊なメガネをかけなくても3D映像を楽しめるテレビが登場するなど、高画質で迫力のある3次元映像も一般的になってきたと言えるでしょう。

しかし、国民生活センターによると、その3D映画を視聴した後に、「乗り物酔いの状態が続く」「モノが二重に見える」「激しい頭痛がする」など、体の不調を訴える相談が相次いでいるそうです。

そもそも、健康な人がモノや景色を見て奥行きを感じられるのは、左右にある二つの目で見ているからなのです。
左右の目で、それぞれ違った角度から見た映像は、脳で一つに重ねられ、奥行きのある空間として認知される訳です。
3D映像は、二つのカメラで左右それぞれの角度から同時に撮影された映像を使い、特殊な眼鏡をかけることで、右側から撮った映像が右目、左側から撮った映像が左目に交互に見えて、脳が立体映像として認知しているのです。

なぜ、3D映像を見た後で、体の不調を訴える人がいるかと言うと、3D映像の場合、ピントは画面に合ったままの状態で、手前に飛び出したり奥に引っ込んだりする映像に、視線を合わせていることになるので、このズレが目の疲労などを引き起こすと考えられているからです。多くの人は、3D映像を見ても悪影響はないに等しいのですが、両目の視力の差が大きかったり、目の向きがずれたりしている人は疲労しやすいとの報告もされています。

特に、モノを立体的に見たり目を正常な位置に保ったりする機能が、まだ発達段階にある子供には注意が必要です。
ほとんどの子供は目の発達に影響はないが、稀に斜視になることがあるので、目の機能が発達するとされる6歳ぐらいまでは、なるべく視聴を控えた方がいい、とする指摘もあります。

迫力のある映像を楽しめる3D映像ですが、日頃から目の疲れを感じやすい人や、立体的に見えなくなるなど、見え方に違和感があったら直ちに3D映像の視聴を中止して、目を休めることに努めましょう。

現役の眼科医が考案した毎日5分ゲームをするだけ驚くほど視力が回復する画期的なプログラムです!